月額500円で世界中をお墓に。お墓に関わる経済的、精神的な負担を減らす。

「お墓」の在り方をもっと自由に。

お骨(骨壷)を
お預かりします。

500円(月額)で最大15年お預かり。
いつでも返却可能です。

お墓の場所を
自由に決められます。

世界中の好きな場所を登録できます。
故人が愛した公園など。

お墓参りが
スマホでできます。

スマートフォンで慰霊(お墓参り)が
できます。故郷が遠方の方も安心。

このような方のために『スマ』を作りました。

…仮のお墓として…
…ご遺族に負担をかけたくない方へ…
…お墓が必要ではない方へ…

  • 身内が亡くなってすぐにはお墓のことを考えられない方。
  • お墓の資金が貯まるまでお骨を預けたい・仮のお墓として。
  • 高い墓地・墓石を買いたくない方。
  • 墓地が見つからない方(墓地の抽選が当たるか心配)
  • お墓とお参りに関わる費用や手間を減らしたい方。
  • 跡取りがいない方。お墓を管理する遺族がいない方。
  • お墓を必要としない方。

スマ墓の大きな特徴

お骨の預かりができる

最大15年間、低価格で寄託できます。返却はいつでも可能です。15年以後は、追加費用なしで合葬いたします。

ペットも可能

15年後合葬される場合は人とは違う場所になります。

メッセージ(遺言)のお預かり

指定された場所に指定した人が訪れた時に見せるメッセージが作れます。

費用について

月々 500円 で寄託できます。

契約内容は、ご遺族からの申し込み2パターンと、ご本人生前申し込みからの、合わせて3パターンあります。
いずれも、月々払い500円+税をクレカ決済または銀行振込でお支払いただきます。
(クレジットカードはVisa・MasterCard・American Expressをご利用いただけます。銀行振込の場合はお手数ですがお問い合わせください。)
年間契約になりますので、申し込み時に年額をお支払いいただきます。

ご遺族申し込み1
1年契約・年更新

総費用
6,480円(税込)/年
[ 500円/月 x 12ヶ月 ]
毎年継続するかお考えになりたい方
月々支払い500円

ご遺族申し込み2
15年契約

総費用
97,200円(税込)/15年
[ 6000円/年 x 15年 ]
15年間はお墓を購入するお考えがない方
月々支払い500円

生前申し込み
15年契約

総費用
90,720円(税込)/15年
[ 6000円/年 x 14年 ]
ご家族に負担をかけたくないとお考えの方
月々支払い500円
生前申し込みは、1年間分無料になります。年間契約先払いされますと、ご遺族が負担するお骨の預かり費用が無くなります。

従来のお墓と比較してください。
圧倒的 な 低価格

墓地・墓石
石のお墓
準備費用(平均)
250万円(墓石・墓地)
墓地の年間利用料
平均(当社調べ)
9,000円
15年合計コスト
2,635,000円
墓地・墓石
納骨堂
準備費用(平均)
75万円
墓地の年間利用料
平均(当社調べ)
8,000円
15年合計コスト
870,000円
墓地・墓石
樹木葬
準備費用(平均)
45万円
墓地の年間利用料
平均(当社調べ)
5,000円
15年合計コスト
510,000円
墓地・墓石
準備費用(平均)
45万円
墓地の年間利用料
平均(当社調べ)
5,000円
15年合計コスト
510,000円
低価格だけじゃない!
スマ墓の良心的サービス
15年後は
追加費用なしで
無料合祀
(またはお骨の返却)
生前に申し込みされると、
死後1年目は無料
ご遺族の精神的・経済的
負担を少なくできます。
骨壷は2つまで預けられます。
3つ以上も可能※
夫+妻
人+ペット など
※骨つぼを3つ以上預けたい方は
骨壷2つづつ500円/月額追加
お骨3-4つ 合計1,000円
お骨5-6つ 合計1,500円

お骨の預かり詳細

  • お客様より収蔵場所にお骨を送っていただきます。
  • お骨は良心石材の提携先の宗教施設で安置をさせていただきます。
  • 15年間預かり、いつでも返却可能、直接受け取り不可。
  • 全国の郵便局から「ゆうパック」で送ることができます。
  • お骨の発送料はお客様ご負担になります。
  • お骨を発送される前に許可証のコピーを送っていただきます。(メールまたはFAX)
  • お預けになった遺骨は希望がなければ宗教者が拝んだり致しません。
  • ご返却の際はお客様が費用ご負担の着払いになります。(梱包代金等当社持ち)

お骨の発送方法および管理方法について、PDFをダウンロードすることができます。

万が一!

当社推奨のお骨の発送方法を行い、お預かり時に骨壷が割れていた場合は割れていた写真を送り、当社指定の骨壷(7寸)に費用を請求せず無料で移し替えさせていただきます。

 

お申し込み〜15年後までの流れ

ご希望の方には、費用をいただくことなくスマートフォンを使ってお墓(慰霊場所)がつくれます。
申し込み後、共有フォルダを発行します。
GPS情報を登録

●地球上のあらゆる場所を設定することができます
●グーグルマップ等から簡単に調べられます
※閲覧するのに電波が届く場所である必要がございます。

対象者の登録

●現在、対象者がEメールアドレスをもっている必要がございます

写真・動画・AR(拡張現実)メッセージを登録

●共有フォルダでいつでも変更・編集可能

遺族へのメッセージツールとして

死後、遺族からの連絡により、指定された遺族や関係者に当社からメッセージの存在を通知します。
遺族や関係者が指定の場所に訪れるとメッセージを見ることができます。

故人ゆかりの地を慰霊場所として

故人の写真や動画と設定場所を選びます。
遺族や関係者が指定の場所に訪れるとメッセージを見ることができます。

ペットのお墓として

在りし日のペット写真や動画と設定場所を選びます。
自宅や、お散歩コースでペットが好きだった場所を設定します。
指定の場所に訪れるとメッセージを見ることができます。

機能
  • 写真・動画・AR(拡張現実) ・共有フォルダでいつでも変更・編集可能
  • 世界中どこにでも、何人にでも残せます
  • メッセージを見る方はスマートフォンと当社無料アプリの『Spot message』(スポットメッセージ)をダウンロードする必要があります。
  • 社会全体に公開することも可能です。
  • 申し込み時に死亡通知カードPDFを発行します。(印刷して保管してください)。死亡時に遺族から当社宛に死亡通知がされると、指定した場所に行くと故人がスマホに現れます。
使いやすさ
  • メッセージを見る方はメッセージがある場所までGoogleマップでナビゲーションされますのでご安心ください。
  • AR(拡張現実)をご希望でご自分でご用意できない方は撮影を有料で行うことができます。
安全安心
  • まったく知らない他人にメッセージを見られることはございません。
  • 同じ位置でも残すメッセージの対象となる人を分けられますので、他者に見られる心配はございません。
保障
  • 万が一、会社が経営を取りやめることになった場合は、データをご遺族にお渡し致します。

多くのメディアに掲載されています。

テレビ東京ニュース番組「ワールドビジネスサテライト」で紹介されました。
NHKの海外向けサービス「NHKワールド」で紹介されました。
TBS系列毎日放送制作の「所さんお届けモノです。」で紹介されました。
フジテレビ系列の朝の情報番組「めざましテレビ」で紹介されました。
日本テレビの報道番組「news every.」で紹介されました。
テレビ朝日系列「ビートたけしのTVタックル」で紹介されました。

この時代だからこそスマ墓が必要です。

『お墓』の在り方をもっと自由に。


代表 香 取 良 幸

「スマ墓」をはじめた経緯と理由。
千葉県に本社がある良心石材は長年お墓を作ってきた会社です。私はこの会社の代表香取良幸です。当社の主な事業内容は墓石を建てることです。私自身、お墓を作ってきて16年目になります。営業から墓石の建立まで現場で携わっていて、お客様の生の声、お墓の現状を日々感じています。スマ墓は500円でお骨を2つまで預けられ、スマートフォンと位置情報技術を使い、世界中を慰霊場所にすることができます。多くの反響と、様々な意見をインターネットでみました。多かったのは「このような慰霊方法があっても良いのかも」という意見と「これでお墓の意味があるのか?」という意見でした。
はじめにお断りしておきますと、私はお墓は無くならないと思っています。無くそうとも思っていません。ネアンデルタール人が死者を埋葬し、簡素な石を置き、お花を添えたという痕跡が残っていることから、死者を弔う、感謝と追悼の意を示すのは人類が生まれながらにして備わっている感情、本質、本能?なのだと思います。
そんな背景がありますが、長年お墓に携わってきた私が感じるのは、この死者を弔う、慰霊を行うといった行為が近年とても多様化し、難しくなってきているという実情です。特に多い問題は、お金がなくて墓地、お墓が買えません。というものです。私はお墓の営業もしますのでお客様に要望を聞くと8割以上の方がなるべくお金のかからないお墓を希望されます。
ここに、難しい問題が一つ発生します。業者は高く売りたい、しかし買い手は安く買いたいという心情のギャップです。勿論、私は業者なので家族を養うために高く売りたいです。けれど、それもやめました。墓石販売事業ではなるべくお客様の望むお墓を安く、多く売るというスタイルに切り替えてます。でも、150万円のお墓を80万円、さらには50万円、さらには30万円で創意工夫を凝らしてコストカットしても、お墓を買えない人が多くいるのです。お骨を納める場所(お墓)が必要だけれど、お金がなくて買えない。墓地がみつからない。故人に申し訳ない。とご遺族がおっしゃるのです。

葬祭業者は見込み客がいればお墓の必要性を訴えてきます。(それが悪いといっているわけではありません。家族や社員を守るためですから)でも、ご遺族は亡くなったばかりの方のお墓のことまで短い期間に考え、お金を用意するというのは精神的、経済的な負担があると思うのです。
これがスマ墓をはじめた理由の一つでもあります。

・身内が亡くなってすぐにはお墓購入を考えられない方
・お墓の資金が貯まるまでお骨を預けたい・仮のお墓として
・跡取りの居住地が定まるまでお墓が買いづらい方
・高い墓地・墓石を買いたくない方
・墓地が見つからない方(墓地の抽選が当たるか心配)
・お墓とお参りに関わる費用や手間を減らしたい
・跡取りがいない方
・お墓を必要としない方

実際にいらっしゃるこのような方のためにスマ墓をはじめました。お墓を建てたはいいが様々な理由でお参りにいけないのでしょう、ボロボロになっているお墓を私はたくさんみます。仕方のないことと思いますが、お墓に眠る方がかわいそう、と思うと同時に、お墓の持ち主もお墓参りに行けていないという後ろめたさがあると思うので、苦しんでいるのではないでしょうか。この後ろめたさは、とても心苦しいはずです。規則が薄い墓地ではお墓を管理する跡取りがいないけどお墓を建てる方も一定数いらっしゃいます。

先日、老人ホームて働く方の記事を読んだのですが、死を前にして身寄りのないご老人の多くは、「私のことを覚えていてくれる?」と職員に言うのだそうです。自分の存在を忘れてもらいたくない。死を前にして、誰しも感じると思います。この心理は、指定の場所でメッセージを残せるといったスマ墓のサービスで想いの遣り場をつくっているつもりです。
また、ご遺族にとって、精神的にも経済的にも無理をしてまでお墓を急いで建てる必要があるのだろうか、と考えることもあります。お金がある人は問題ではないと思いますが、急にお墓をつくらなればいけなくなった方、生活に苦しむ人には深刻な問題です。故人を葬い慰霊をしてあげたい。経済的に余裕があってもなくとも、故人に対してご遺族が等しく思うことだと思います。お墓のお金が貯まるまで…その方に合った場所にお墓を建てられるまで…ご遺族の気持ちの整理がつくまで…このような様々な理由でお墓を建てられない方は精神的、経済的な負担を減らすために、弊社でお骨をお預かりするスマ墓サービスをご利用頂きたいと思っています。

月500円でお骨を2つまで預かるというのは、業界からみたら破格です。15年間預けられ、いつでも返却可能。そういったところもないでしょう。15年後は追加費用なしで合祀。15年間で税込97,200円、この価格でお墓を用意することができます。この価格でも高く感じる方もいらっしゃると思いますが、平均的なお寺や霊園の年間管理料より安いです。勿論、いつでもお骨を返却できますので仮のお墓としても使ってもらいたい。そしてこのスタイルが、将来お墓の在り方の一つとして浸透するものだと感じています。なぜなら墓地がない、あっても高い。お墓が高い、買えない。お参りに行けない。お墓が必要ない。無縁化してしまう。といった問題が浮き彫りになっているからです。どんなに安いお墓だって慰霊する人の思いは変わりません。そのため、特にお墓に関わる経済的な負担を削減するお手伝いをしたいと考えています。私は墓石店の社長ですが、墓石が売れなくなっても、仕方がないと思ってます。そこまで辛い思いをしてお墓を建てても故人は喜ばないと思うのです。故人との思い出の場所で、故人を感じ、スマートフォンを使って慰霊をする。このような慰霊のスタイルがあっても良いと思うのです。そして、愛する故人から愛する遺族へと特別な場所で伝わるメッセージは見た人の人生をより良い方向に変える程に感動的なはずです。
慰霊を行うのに、お骨が目の前の墓所に納骨されていなければいけないのか、そのお墓を無理をして用意する必要があるのか。それとも、慰霊をする気持ちがあればどこでもお墓になり得るのか。いかがでしょう。この答えは一人一人違うと思います。だから宗教という指針があるのかもしれません。逆にいえば宗教概念が薄れてきているからこのようなサービスを受け入れる方が増えているとも考えられます。
私はお墓に関わる問題を少しでも解決に導くためにスマ墓をはじめました。お金儲けのため、目立ちたいため、業界の仲間を死地に追いやるためにはじめたわけではありません。サービス開始後の世間の反響をみて、社会から求められていることと感じました。そしてこのスマ墓(Spot message)をやるために私は会社を興しました。これが私の人生で1番やりたいことであり、お墓づくりに関わる縁を生まれた時から持っていた私の使命だと思っています。いまは仲間が少ないですが、いつか多くの葬祭業者と手を取り合えればと思います。
お墓の在り方をもっと自由に。
お墓に関わる精神的、経済的な負担を減らす。
それがスマ墓サービスと、私の思いです。
ご興味のある方は是非お問い合わせください。

Bitnami